調剤薬局は、医師からの処方箋をもとに薬を調剤し、患者様に提供する重要な役割を担っています。「医薬分業」は昭和50年ごろより進展しはじめ、平成元年から厚生省(現 厚生労働省)も推進に取り組んだこともあり、病院・診療所は診察・検査等の医療行為に専念し、薬歴管理や服薬指導などお薬のことは薬剤師が担当して医療の質的な向上を図るという体制が一般的となりました。これにより、医師、薬剤師がそれぞれの専門分野に特化することによって、より安心・安全で効率的な医療を提供することができます。この医薬分業体制において、その重要性が高まっているのが調剤薬局の存在なのです。



処方箋の発行枚数、医薬の分業率は年々上昇していますが、この傾向はこれからも続くことが予想されます。病院に所属する薬剤師は入院患者の調剤や服薬指導に重点を移し、外来患者の薬に関しては院外処方箋の発行に切り替えていくと見込まれています。 そして高齢化の到来した地域社会の中で、調剤薬局は、処方箋調剤を通じた医療、保健、介護の分野までも担当することが期待されています。
調剤薬局における薬剤師の役割は、今後ますます重要な役割を担うといえるでしょう。



株式会社南山堂
会社概要

株式会社 南山堂

(なんざんどう)

東京都港区高輪3-23-17
品川センタービルディング11階
03-5791-7310(代)
FAX:03-5791-7325

  • 保険調剤を主とした薬局チェーン店経営
  • 保険調剤薬局経営コンサルティング業務
  • 医師新規開業支援業務
  • 薬局フランチャイズ組織の運営

大きな地図で見る
▼新卒の方はこちらからエントリー可能です

マイナビ2018