ブロックマネージャー 管理薬剤師 M.Aさん - 株式会社南山堂

社員インタビュー Interview

TOP 社員紹介 社員詳細 ブロックマネージャー M.Aさん

M.A

               

ブロックマネージャー
管理薬剤師
2005年入社

薬剤師として会社と共に成長しながら
ブロックマネージャーに昇進
マネジメント、現場業務の両面で活躍


南山堂入社後のキャリアについて教えてください。

私は、実務実習を南山堂で行ったことがきっかけで南山堂へ就職を決め、実習を行った店舗に配属となりました。その店舗は個人病院の近隣薬局で、基本的な薬の知識や業務について習得しました。
3年目には、近隣に整形外科と眼科の医院がある店舗に異動し、専門的な分野の知識を深め、次の配属先では、特別養護老人ホームを受け持ち、医師や施設の看護師と連携しながら薬の管理方法を改善し、飲みやすい薬を提案するなどの経験を積むことができました。
現在は入社時に配属された店舗に戻り、入社当時からの成長を日々実感しながら、地域のみなさんのかかりつけ薬剤師として仕事をしています。
また、入社10年目よりエリアマネージャー(現スーパーバイザー)を5年間経験し、現在はブロックマネージャーとして、ブロック内の店舗やスタッフを統括するという仕事を兼務しています。

南山堂のすきなところを教えてください。

100店舗規模のチェーン店でありながら、地域密着型の薬局を実現しているところです。それぞれの地域に合わせた店舗運営をしているため、患者さまの特性に合わせた対応をすることができます。静岡県店舗は西部地区に集中していますので、情報共有やスタッフの交流も活発に行っており、自店以外のことについても学べる機会も多いです。

             

今後の目標を教えてください。

何よりも現場のスタッフさん達が安心して働けることです。店舗で困っていることを聞き取り、それを解決するためのお手伝いをするとともに、会社の目標や方針を正確に伝え、スタッフさん達が迷わず全員同じ方向を向いて仕事ができるように心がけています。 これは来局される患者さまにも同じことが言えます。患者さまの悩みや不安を聞き取り、患者さまが安心して治療を受け、健康を維持できるようにサポートしたいと考えています。

これからの薬剤師に求められることは?

薬に関する知識を深めることはもちろん重要ではありますが、患者さまの悩みや相談を聞き、その裏に隠れている薬の問題点を洗い出すこと、得られた情報を医師やケアマネージャーなどに伝達すること、その結果患者さまが安心して生活できること、このサイクルを回していくためには、互いの信頼関係が重要になります。安心して頼っていただける存在になるために、薬剤師には高いコミュニケーション能力が求められると思います。

(インタビュー内容は2023年8月時点のものです)